ロゴ

スピードと正確性を見極めてから多言語翻訳を依頼

オフィス

多言語翻訳を依頼する際の注意点

多言語翻訳を利用するとき、注意しておきたい点があります。まず、見積もりを出して貰うといいでしょう。その時に見積金額が相場よりも高い会社は要注意です。出来高制を採用している会社の場合、出来上がるまで金額が分かりません。原稿カウント制なら、依頼の際に例えば英語から日本語で1000文字程度といえば、その原稿から金額を算出することができます。次に、対応スピードが速い会社です。問い合わせから担当者による返信スピードが早い会社は納期にも余裕をもって納品してくれる会社でしょう。

男女

プロに依頼する必要性

翻訳経験にも長けており、様々なジャンルの翻訳を経験している翻訳者は依頼する金額も当然高くなってしまいます。しかし、この経験豊かな翻訳者は、学術論文など主に重要な書類の翻訳には欠かすことが出来ません。また、大きな企業ではビジネスに関しては外国語表記の書類は必須です。そんな時にはプロによる翻訳は必要です。特にこれから外国へ進出する企業が増える傾向にあることから、プロの翻訳者への依頼は今後増えるでしょう。

翻訳会社に依頼の多い日本語から翻訳が必要な外国語TOP3

女の人
no.1

日本語から英語

一番多いのは日本語から英語への翻訳です。英語を使用するのはアメリカだけではありません。イギリスやオーストラリア、カナダなども英語です。日本企業の多くが英語を主流後となっている国へ進出していることから、英語への翻訳が一番多いです。

no.2

中国語

中国は主に製造関係でお世話になっている国です。そのため、ビジネスに関しての取引が多くなります。中国の文字は漢字を使用し、漢文が難しいため、翻訳会社へ依頼が多くなっています。

no.3

アラビア語

中東との取引も多い日本では、アラビア語の独特の文字が読めない日本人も多いです。そのため、中東アジアと取引をする際は通訳だけではなく、あらかじめ翻訳してもらった資料を持っていく社員は多いです。